わきが対策の為のクリーム・デオドラント通販ショッピング▲








2007年11月12日

わきがの原因について

臭いを消す レバンテ・トゥエンティーフォー(B)

わきがの原因については、腋臭臭の発生の原因はアポクリン腺(1)から分泌される汗が原因であるが、アポクリン腺の分泌物自体は無臭である

しかし、その汗が皮膚上に分泌されると皮脂腺から分泌された脂肪分やエクリン腺(2)から分泌された(3)と混ざり、それが雑菌により分解され、腋臭臭が発生する
また、脇毛が汗などを脇部に止め、臭いが出やすい環境を作っている

わきがの原因は、分かっているものの治療方法などは病気とみなされないため、わきが治療は保険が利かず、わきがを治すのに躊躇する人も多いとか

わきがは、臭いがキツイ場合は治療を進めるが自己判断でのわきが治療は、自分の臭いに気づかない方が大変なのである


(1)アポクリン腺(あぽくりんせん)は汗腺の一種。 毛穴に開口する形で存在し人では腋の下にもっとも多く性器周辺や乳輪、耳の中などにも存在する。
分泌物は乳白色で脂肪、鉄分、色素、蛍光物質、アンモニアなどからなり衣類に染みをつくることもある。
また細菌により分解されて特有の臭気をもつようになり腋臭(ワキガ)の原因となる。
人以外の哺乳類では全身に存在することが多く、その臭いは異性を引きつけたり仲間の確認などの役割があると考えられている。

(2)エクリン腺(えくりんせん)とは、人間のほぼ全身の体表面に分布している汗腺。人間が出す汗の殆どはこのエクリン腺からの汗(エクリン汗という)である。エクリン汗の成分はアポクリン汗に比べて薄い。エクリン腺は、毛穴とは独立していて、比較的皮膚表面から浅いところに位置する。エクリン腺がない部位は、陰茎の亀頭、包皮の内側、陰核、小陰唇、外耳道、爪床、唇などである


(3)汗(あせ)は、哺乳類が汗腺から分泌する液体。塩分を含む。成分は尿と同じものだが濃度が薄く、99.9%は水分。主に暑い時や興奮状態の時に体温を下げるために分泌される。
トウガラシなどカプサイシンを含むものを食べた時にも発汗が促される。興奮したときの発汗は進化的には滑り止めの役割をしていたと考えられている。
汗自体は無臭であるが、皮膚に生息する細菌類が汗の成分を分解し、悪臭を発するようになる。


ただし、全ての哺乳類が汗をかくわけではない。犬や狼と言ったイヌ科の動物には汗腺がなく(厳密に言えば四肢の裏側にも汗腺を持つが非常に小さなものである)、汗の代わりに長い舌を垂らして激しく呼吸する事で舌に付着したよだれを蒸発させる事で体温調整を行っている。
象やウサギなどは長い耳で風を起こして耳やその周辺に集中した血管の温度を下げる事で体温調整を行っている。

また、猫の汗腺は四肢の裏側にのみ存在して匂いを有する汗を分泌する事やカバが皮膚を蒸発から守るために特殊な分泌物質を含んだ汗をかくが空気に触れると化学反応を起こして赤色変化する(結果的にカバの汗の色は赤く見える)事などが知られている。

人間とほぼ同一の発汗システムを有しているのは馬などの限られた種類にとどまると考えられている。



posted by ワキガ at 08:02 | わきがの原因
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。