わきが対策の為のクリーム・デオドラント通販ショッピング▲








2006年11月12日

わきが手術方法

わきが手術の方法は、皮膚の裏側に付着したアポクリン腺という臭いのもとを取り除き、皮膚の切開を行います(範囲は約3〜4cm程度)です
皮膚を切り取ったりすることはありません

この、わきが手術方法を用いたからといって傷が他の方法と著しく違うわけではありませんし、皮膚のしわに沿って切開をします

実際には治療後2〜3ヶ月ほどは皮膚が引っ張られたようになり、跡は目立ちますが、次第に目立たなくなってきます

通院は基本的に治療日とその翌日、3日後、1週間後、2週間後が殆どの病院での周期です

局所麻酔で行い、その日に帰ることができますが、手術後3日間は手を動かすことにかなり制限を設けます(肩固定をします)ので、3日間位は、お仕事や学校を休めるときに実施した方がいいかと思います

また、1週間は肩関節は動かせず、生活上は不自由になります(体を使う仕事の場合は1週間お休みが必要です)

両ワキ同時でも可能ですが、日常生活に支障が出るでしょう(どんな仕事であれ1週間は休んで頂きます)

通常日常生活の制限と患部の安静を保つために片ワキずつ2〜3週間以上、できれば1〜2ヶ月あけて実施することが望ましいと現状では考えます

傷跡は、完治する場合は少ないです

他の手術を考えても、お分かりとは思いますがわきが手術も傷は多少残ると思います
posted by ワキガ at 09:15 | わきがの症状
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。